日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

日本桜草の魅力 : 丈夫で健康な 百夜烏(モモヨガラス)



百夜烏(モモヨガラス)とは、どんな烏なのでしょうか ?


単純に考えて「百夜」とは夜が多いこと、また「夜烏」は夜に鳴くカラス
のことだとと思うのですが。


この二語からくるイメージは「夜毎に鳴くカラス」と言うことでしょうが、
どうも私には百夜烏の実態がすっきりと浮かばない。 


花名の理屈はさて置き。


百夜烏は桜草ではかなり大輪です、そしてさらに花の内側が曙白となりしっ
かりした感じで開いています。そこからくる印象はあまり綺麗ではないが
丈夫で健康そうな花だということ。





  12月の桜草は、冬越しの寒気の中で眠っています。作業といえば
  寒風は用土が乾燥するので適当に水分の補給に心がけます。水分が
  多すぎても日によっては、用土が凍り芽を痛めることもあります。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。