日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

日本桜草の魅力 : 南京小桜


私が日本桜草を知つたのは、若い頃奈良御所市の、金剛山の山麓をハイキン
グしたおり、「高鴨神社」の境内の花壇に、鉢物で綺麗な花がいっぱい咲い
ていました。なんといい花だなぁ-と思い、花名を見ると「日本さくらそう
とあります。


それから年が経ち、日本桜草を作り始めたのは定年後になります。


今日は、日本桜草の中で私が最高に入れ込んでいる品種「南京小桜」を
紹介します。


南京小桜は小花ながら、その可憐さが群を抜きます。まったく可愛い紅色の
梅弁、紅爪白(花の先が白の縁どり)が見事なので強烈に私を惹きつけます。


 南京小桜は、現存している桜草の品種中最古のもで江戸中期:享保時代
 (1716年から1735年)から作られていると言われています、それから

 300年の間作り続けられ、今なを飽きられることがありません。





にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。