日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

日本桜草の魅力 : 古城の畔


6月下旬の入り、日本桜草は殆ど地上部の葉が枯れてきました。


これから桜草は、11月近くの植え替え時まで、根だけが生き、来年に
咲く新芽を保持育成をしているので、根を乾かさないように適度の水分
を与え続けます。


また夏場は、猛暑の直射日光をさけるため、半日日陰が望ましいとされ、
適当な場所がない場合は、ヨシズヤ寒冷紗などて適当に日よけする方が
よいとされます。


このように日本桜草は、来年も良い花を咲かすためには、一年を通じて
の気使いが必要な植物です。


今日の桜草は「古城の畔」です。見ての通り花びらから少し硬い感じを
受けます、この硬さもネーミングのうちなのでしょうか。




にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。