日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

ひと時の夕焼け空に魅せられて:「夕景色」は如何に




  夕景色ですぐ頭に浮かぶのは童謡「赤とんぼ」の絵本。 
  日が落ちる西日を浴びて、赤とんぼを追っかける子供の姿。


  大人は「夕焼け空が真っ赤っか」・・・・・と酒を酌み交わし
  ながらカラオケで歌い、実際の夕焼けを見ることはない。
     それから---
  定年後にやっと時間から解放され、しみじみと夕景色を
  意識するようになる。


  大阪南部のわが町は、海岸から見る夕日が最も美しいと言
  われている。特に和歌山の加太から見る夕日は素晴らしい。


  加太国民休暇村では、夕食前のイベントとしてカーテンを
  いっきに開け、大スクリーンに瀬戸内海に落ちる太陽を映
  し出すように演出する。


  それはそれは、美しい夕焼けの風景が展開し心に滲みこむ、
  この情景を眺めながらの食事は、またとない美味だ。


    2年前冬:久美浜の民宿から写す


  だが桜草の「夕景色」は余り感動しない。これは一つには
  写真のピンボケで、適確に花をとらえていない。


  写真は上手く撮れない、ただ桜草の記録が大事と思い
  シャッターをきる。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。