日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

野生種と思うのだが?:「桶の詰白(おけのつめじろ)」



   埼玉県の桜草自生地をネットで調べると、埼玉市を含め、
   戸田市から北の桶川市にかけての荒川水域は、桜草野生種
   の宝庫のようだ。


   この地方の野生種の品種には次ぎのものがある。


   「田島白:上尾白:浮間白:戸田白:平方白:皿尾紅:
    羽生紅:田島紅:桶の詰白


   今日掲載した「桶の詰白」も、野生種の仲間のようだ。自生
   地は桶川市に近いのではないかと推測する。


   余り聞かない品種で、新しく発見されたのか、改良されたか
   定かでないが、ただ花びらの形を見ても桜弁で切れがいい、
   これは野生種特有のものと私には思える。




 10月の桜草はこれといった作業はない、だだ鉢ものは11月
 に新芽を植え替えるので、新しい用土の準備が必要だ。赤玉土、
 腐葉土の混ぜこみ、ラベルの整理等である。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。