日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

日本桜草の魅力 : 性格のおだやかな「人丸」



   桜草は夏に入ると葉が枯れて休眠期に入り、秋の涼しさ
   を迎えると、地中の根に花蕾が膨らみ始め新芽の充実期
   を迎える。


   この時が植え替えの時期で、私は11月中旬をめどに植
   え替えを始めることとしている。2月頃までに植え替え
   ればいいのだが寒さにはかなわない。


   今日の花名は「人丸」である。


   人丸は明治後期から作りだされ今だに生きつづけている、
   これは、この花が平凡だけれど無難な花として人気を保
   っているからだと思う。




   人丸は 花びらの表が桃色のぼかしで底白となり、抱え咲
   で、なんとなく優しさと清潔感を受ける。このやさしさが
   長い間作られ続けられた原因なのかもしれない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。