日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

日本桜草の魅力 : 花子


  若い頃、子供が出来たら男の子は太郎、女の子は花子と名付けようと
  きめつけていた友人がいた。


  うまいことに初めの子は男の子で、さっくに太郎と名前をつけたが、
  二人目は女の子ではなく、同じく男の子の誕生だった。


  そして その後は、花子と名付ける機会は失われた。


  花子とは、女の子の代名する普遍的な名前だが、今日この頃は花子と
  名付ける親は皆無に等しい。しかし花子からくるイメージは、明るく
  て、少しおちゃめで、愛くるしい。


  日本桜草にも花子と命名された品種がある、園芸界では有名な大先生
  「一江豊一」氏により作出された品種という。
  
  花は切れ弁で平受け咲き、色は薄白で、中に行くに従い薄紅ぼかしと
  なり、白い円となり、そして中心が紫できりりと花を引締める。
  現代花としてまことに可愛い花模様である。




にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。