日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

庭に咲く花 : オニユリの乱舞

       ★ 鬼百合の 花色はこの一色

   ★ 鹿の子百合は 白、赤、オレンジと花色は多様
     (鹿の斑点模様から鹿の子百合と呼ばれる)


2016(平成28年) 
7月17写(日曜日)  


梅雨明けしたのかな? この季節、今日は真夏の太陽が
ふりそそぐ。


我が庭では今、鬼百合が咲き乱れるている。  
花弁はオレンジ色、濃褐色で暗紫色の斑点があり、花弁は強
く反り返る。花の形態は、色合いは違うが「鹿の子百合」と
よく似ている。


種子は作らないが、葉の付け根に暗紫色のムカゴを作る。


鱗茎はヤマユリと同様食用となるが、堀あげて食べたことは
ない。この頃は茶碗蒸しも食べないし百合根(鱗茎)を買う
こともない。










鬼百合は種(むかご)が無数に出来るので、毎年むかごを取っ
ては、そこらへんにばら撒くその一部が芽を出して成長する。
我が家の鬼百合も手間かけずに広がってしまった。



まだ一部グロリオーサが咲き残っているので、蒸し暑い夏のさなかに
華やかな花の競艶となった。


これも またあと一週間ほどで咲き終わる。


にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。