日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

日本桜草の魅力 : 玉芙蓉


玉芙蓉は江戸末期に作り出された品種です。


玉芙蓉と聞いただけで、おしとやかで優しいというイメージがありますが、
イメージにたがわず、ういういしさと、ふこやかさの感じを漂よわせます。


さすがに玉芙蓉は長期にわたり愛されただけのことはあります。


他にも、芙蓉には「木芙蓉(モクフヨウ・粋芙蓉)」と「水芙蓉(スイフヨウ・
蓮の花)」とあるようですが、いずれもしとやかで優しい女性を表現
する言葉としてあり、花言葉も「繊細の美」とか「しとやかな恋人」
となっているとのこと。


桜草の玉芙蓉も、イメージ負けはしません。


花の内側は薄紅のぼかしが入り、すっきりした色気と、それを包み込むよ
うに咲く感じは、はじらいのあらわれでしょうか。





★ 本日(3月13日)、日本桜草の芽が動きはじめています。栽培上
  とくに注意する点は、葉が茂るにしたがって水分をたっぷりとやる
  ことです。


  施肥には気をつけましょう、多いと葉ばかり茂って
       花とのバランスが崩れます。


にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。