日本桜草の魅力:「名刹」旅の記録

庭に咲く花。中でも日本桜草の容姿に
ついて、画像を見ながら観賞していき
たいと思います。

さらに名刹めぐり、旅の記録をとりま
とめてみたいと思います。

誰もが歌った童謡:それは「朧月夜」



 国民小学校で習った朧月夜、私たちの年代は
 誰もが口ずさむことの出来る名曲です。


  1、菜の花畠に、入日薄れ
  見わたす山の端(は)、霞ふかし
  春風そよふく、空を見れば、
  夕月かかりて、にほひ淡し


  2、里わの火影(ほかげ)も、森の色も
  田中の小路をたどる人も
  蛙(かはづ)のなくねも、かねの音も
   さながら霞める朧月夜


 朧月夜は歌詞の2番「さながら霞める朧月夜
 から「ぼんやりとかすんで見える春の月」の
 イメージが強いと思うのですが-----


 
 では朧月夜は何時の日なのでしょう。


 一説には「朧月夜というと、挿絵には満月が描か
 れていることも多く、満月をイメージする方も多
 いかもしれないが実際には朧月夜の月は、三日月
 と考える方が、歌詞のニュアンスからは自然なの
 である。」と となえる方もおられます。


 いずれにしても、田舎では 昔も今も、山里に
 夕日が没してからの自然は幻想的な情景につつ
 まれていることでしょう。


 日々騒音の中で暮らしている私には、この詩は
 心のふるさとなのです。


 桜草朧月夜にもその雰囲気があればいいのですが----



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。